色々なドア

色々なドア
リノベーション
内装ドアの種類とは?

お部屋の雰囲気や住む人の年齢層、必要性に応じて使いやすいドアは違ってきます。また設置したい場所によっても、使いやすい内装ドアの種類は変わってきます。そのため、それぞれの商品の特徴を確認しながら、用途に合ったものを選ぶようにしましょう。

開き戸タイプ

色々なドア

1番オーソドックスでどの家にも必ずある内装ドアは、「開き戸タイプ」ではないでしょうか?1枚の扉が片側・両側に開く仕組みになっています。開き戸はぴったりと閉じることで気密性を保て、お子さんがいる家庭では防音性も発揮できます。

ただ、開き戸タイプの横幅は引き戸タイプよりも必要ありませんが、開閉部分にはドアの可動域としてスペースが必要です。扉を奥に開く場合には人がいないかをよく確認して開く必要があります。

引き戸タイプ

色々なドア

引き戸タイプは、上か下にレールがあり扉を横にスライドさせることによって開くことが出来ます。ドアの可動域はないのでドア周辺の物や人にぶつかる心配もありません。

特に車いすや足腰の悪い人は、開き戸であれば体や椅子がドアに当たらないように身体を動かす必要がありますが、引き戸タイプはその心配がありません。また、固定しなくてもドアを開けっぱなしに開放することも出来ますので、バリアフリー住宅に良く採用されています。

デメリットとしては、引き戸を設置するためには戸袋が必要なのでドア2枚分のスペース確保が必要なことでしょう。また開き戸よりも気密性や防音性は低くなります。

設置場所で選ぶ

色々なドア

リビング入り口なら高さがある開き戸タイプ

家族や来客が一番集まるリビングは、気密性がありながらも開放感ある内装ドアがおすすめです。一般的なサイズの内装ドアよりも背の高い、「ハイタイプ」のドアを設置するとお部屋を広く開放的に見せることができます。

天井付近まで内装ドアがあると全体的にスッキリ見えますし、ドアを開けた時の解放感も味わえます。それは、ドアを開けた時に目につく余分なものがなくなるので光や風がしっかり室内に入り込み、明るい空間が作れます。

洗面所やお風呂には、場所を確保しやすい引き戸タイプ

洗面所のドアは、使用中かわかるよう、上部に小さな明かり窓のついたもの、足元から光が漏れるものが特におすすめです。狭い空間を有効活用するために、開き戸の可動スペースの必要のない引き戸タイプの内装ドアが特に便利です。

また、洗面所兼脱衣所、お風呂は室内のカビ繁殖を防ぐために風通しを良くして置きたい場所ではないでしょうか?その点、引き戸ならドアを開けっぱなしにしておいても、ドアが邪魔になることがないので風通しを保てます。また、風の力でドアが勝手に閉まる心配もありません。

収納スペースにはフラットな折れ戸タイプ

クローゼットや収納スペースを廊下に設置したり、狭い場所に設置した場合におすすめの内装ドアは「折れ戸」です。折れ戸は扉と扉が蝶番などでつながっていることにより、ドアを開いたときに折りたたむ形になります。

開閉のために必要なスペースは開き戸よりも少なくて済むので、家事動線の邪魔になりません。また、ドアの形状として隙間風が通りやすく断熱性が低いので部屋には向きませんが、クローゼットなど風通しがある程度必要な場所では特に使いやすいタイプといえます。

WORKS MORE