お子様の成長と共に考えるリノベーション

お子様の成長と共に考えるリノベーション
リノベーション

お子さんの出産や入園、進学などをきっかけにマイホーム購入を考える方が多いと思います。

安全で子育てしやすい住空間が必要です。子育てしていく上では、住宅を取り巻く環境も重要に考える方も多いのではないでしょうか。幼稚園や保育園の送迎に便利で、子供と遊べる公園なども充実している立地など。
さらに進学のことなども考えると、教育環境も気になるはず。

そうはいっても、マイホーム購入はタイミングが大事。現在、お子さんの誕生や成長に合わせて暮らしやすい家を探している方もいるでしょう。
そうした方にぜひ、知っていただきたいのが中古物件を購入してのリノベーションです。

子育て世代の味方

お子様の成長と共に考えるリノベーション

リノベーションとは、既存の物件を大幅に変更する改修工事のこと。内装、設備とも新築と同等以上になり、建物の機能や価値が向上します。
構造によりますが、自分たちのライフスタイルに合わせて内装や間取りを変更し、子育てしやすい住空間を作ることができるのです。

子育てを重視して住宅を探す場合、立地環境が重要視されるのは当然です。リノベーションは中古物件の購入が前提なので、新築よりも物件の選択の幅が大きく広がります。環境が良く便利なエリアは、土地や新築物件が希少ですが、中古物件ならぐんと探しやすくなるのです。

つまり、リノベーションなら、希望の立地環境で家族のライフスタイルに合わせた住空間作りが可能なのです。子育て世帯の味方といえますね。

リノベーションで作る子育てしやすい住空間

お子様の成長と共に考えるリノベーション

子育てしやすい住空間を作るにあたって、具体的にどのようなことに気をつければよいか考えてみましょう。重要だと思うポイントをピックアップ致しました。

●動線と視界に気をつける

幼少期のお子さんは思いがけない動きをすることが多く、目が離せないものです。家事をしながらお子さんの世話がしやすく、またお子さんの動きが把握できるような間取りを考えましょう。

●家事の効率化も大事

子供が生まれると、子育てに加え家事の量も増えます。家事はできるだけ効率よくすませたいものですね。例えば、キッチンと浴室や洗濯機置き場がある水回りを近づけるなど、家事動線の短い間取りにすることで、家事はけっこうラクになります。

●親子のコミュケーションが自然にとれるスペースを

お子さんの思春期以降も、毎日の親子のコミュケーションは大切です。廊下を作り部屋を振り分けるよりも子供部屋をリビングに隣接させるなどの間取りの工夫で、家族が自然と顔を合わせるようになります。

●ライフスタイルの変化も考えておく

お子さんの成長にともなって、間取りや造作のニーズも変わってきます。幼少期は親の目がゆきとどくオープンな間取りが便利ですが、思春期までにはプライベート空間が必要になり、やがて独立ということに。例えば、子供部屋の仕切り壁を可動式にしておくなどすれば、そんな将来のライフスタイルの変化に対応できますね。

いかがでしょうか?
リノベーションなら、上記のような子育て環境に大切なポイントを抑えることができます。
子育ての最中は、いま現在のことだけに集中しがちですが、将来のライフスタイルの変化を考えることも大切です。
リノベーションは注文建築に近いもの。お子さんの成長に合わせ、将来リフォームしやすい設計にしておくなど、新築マンションや建売住宅ではできないきめ細かな配慮が可能なのです。

中古物件のリノベーションで、子育てしやすく家族が長年快適に暮らせる住宅作りを実現してみませんか?

WORKS MORE