自然素材でアトピー対策を

自然素材でアトピー対策を
リノベーション

厚労省の統計によると、日本では過去数十年、アトピー性皮膚炎の患者数が増え続けているとのこと。室内のダニやカビが環境的な要因となり、アレルギーを起こすことが多いようです。
また、住宅の新建材に含まれるホルマリンなどの化学物質もアトピーを悪化させるようです。

近年、自然素材をはじめとするアレルギーフリーの住宅が増えています。
「健康住宅」と呼ばれる建売住宅や注文住宅もありますが、価格は通常の新築物件よりも2〜3割高めです。

もう少し費用を抑えて、アレルギーフリーの住まい作りができないものでしょうか?
そこで、ご提案したいのが、中古マンションの自然素材リノベーションです。

自然素材

自然素材でアトピー対策を

自然素材リノベーションでは、どのような材料を使うのでしょう?ここでは、主な自然素材の建材をご紹介いたします。

自然素材の床材

代表的なのが天然木の無垢のフローリング材。調湿効果が高く、肌触りもよいのが特長です。木の種類や原産地によって、色、木目、堅さ、肌触りが異なります。
無垢材以外では、断熱性や保湿性が高いコルクもおすすめ。畳の場合は、国産いぐさのものが丈夫で調湿性に優れています。

自然素材の壁材

塗り壁用の自然素材として代表的なものが珪藻土(けいそうど)と漆喰(しっくい)。珪藻土は断熱性、保湿性が高く、調湿効果にも優れています。漆喰は古くから壁材として使われており、耐火性、防カビ性も高く、調湿機能もあり、日本の気候に適しています。調湿効果は珪藻土の方が高め。

自然素材の壁紙(クロス)

パルプ紙をはじめ、和紙やコットン、ケナフ、いぐさなどさまざまな自然素材のクロスがあります。最近では、珪藻土や漆喰のクロスも開発されています。

この他にも、自然素材の塗料や接着剤もあり、建材の種類や用途にあわせて使い分けます。

自然素材リノベーションの注意点

こうしてみると、自然素材の建材が各種そろっていることがわかりますね。こんな素材を使ってリノベーションすれば、快適で健康によい住まい作りを実現できます。とはいえ、注意しておきたいことも。
まず、マンションによっては、構造や管理規約によって工事内容が制限される場合があります。水回り設備の移動やフローリングへの変更などを制限しているマンションもあるので、購入前の構造と管理規約のチェックは必須です。

また、自然素材の建材・材料は施工に手間がかかり、高価になりがちです。工期が長引けば、引越しまでの家賃負担が増えます。例えば、珪藻土の塗り壁は左官技術と手間が必要なので、時間がかかり工賃も高くなりますが、珪藻土クロスにすれば、時間・費用とも抑えられます。
さらに、最近はアレルギーフリーの化学製品も増えているので、耐久性も考え、フレキシブルに材料を使いわけてもよいでしょう。

施主の希望やこだわりにあわせて設計・施工できるのがリノベーションの最大のメリットです。

WORKS MORE